最高の結果を出すためのDHバーの必要性とおすすめを解説付きで紹介

トライアスロンバイクのDHバー

DHバーの必要性と効果

ダウンヒルバーを略したとも言われるDHバー。エアロバーと言われることも。前を走る人の後ろにつき、空気抵抗を減らすドラフティングが禁止されていることから考案されたアイテム。

パッドに肘を乗せバーを握る前傾姿勢で得られる低い空気抵抗が、平均スピードを向上させ、疲労を軽減。反面、バランスとブレーキング、コーナリングに慣れが必要。

DHバーの種類と選び方

素材は「カーボン」と「アルミ」の2種類。カーボンは、価格が高めだが軽い。握りは「ストレート」「Sベンド」「SKIベンド」「ドロップベンド」の4種類。力を入れやすい握りは個々力の入れやすさが変化。

ストレート

Sベンド

手首も前に倒した握りに。

SKIベンド

手首をほとんどひねらない握り。

ドロップベンド

SベンドとSKIベンドの中間。

ブランド

PROFILE DESIGN

PROFILE DESIGNは、アイアンマン唯一のオフィシャルサプライヤーとして認められているメーカー。

カーボン製DHバーのオススメ

ストレート

Sベンド

SKIベンド

ドロップベンド

アルミ製DHバーのオススメ

ストレート

Sベンド

SKIベンド

ドロップベンド




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です